naos92の日記

あなたは夢をみる?志を低く自我を薄く、万人に好かれる便利な奴隷を目指します。

木下洋介という男

底辺からの脱出し、経済的に裕福になった木下洋介がyoutuberとなっている。

具体的な銘柄や売買テクニックといった話はないが、節約×投資(金融資本+人的資本)×時間で、積み上げていくことの大切さを繰り返し教えてくれる。

本人は頭がよくないといっているが、投資関連に限らず、幅広い知識をもっており、よく勉強していることが伺える。

ほぼだれでも実戦できる内容が多く(整理整頓の大切さ、認知資源の重要さなど、モヤシ炒めの作り方、ステーキの焼き方など)、積みあがらない投資のムダを教えてくれる。例えば、サラリーマンとして給与所得を得ているかたが多いと思う。ただ、組織的な要因や業界的な要因で給与が上がらない人のなかで、スキルがあがればと自己学習や自己啓発をする人はいると思うが、積みあがらない投資は無駄なのでやめるべき。逆にプラス1でも積みあがるのであればやるべき。積み上げ方も、縦に積み上げるのか(同じ内容を繰り返して積み上げるのか)、横に積み上げるのか(労働軸とは別に筋トレ軸や整理整頓軸をもうけるなど)いろいろと視野を広げてくれる。

率直に言ってすごくお奨め。

昭和の風景と現代の風景

アマゾンプライムビデオで釣りバカ日誌が無料視聴可能であったため視聴した。
公開が1988年12月24日のいわゆるバブル経済前の日本企業の様子がみれるのが興味深い。
まず、パソコンがないのにビックリ。
第三作ぐらいになってやっとパソコン(FM Towns)が登場する。しかも一人一台あるわでもなく。。。

 

映画の中のお話ではあるが、パソコン、スマホなどの電子機器を利用した業務を行っていないせいか非常にのんびりした雰囲気を感じる。
2020年の労働強度と比べると、おそらくずっと低いし気楽な稼業だったのだろう。

30年後のサラリーマンがでてくる映画などをみると、お気楽サラリーマンというより、激務でバリバリ仕事をこなしています、という面が強調されているようにみえる。

一億総中流から一億総活躍社会へと変貌していく過程を、大衆娯楽作品を通して感じ取れるのは非常に興味深い。

 

緊急非常事態宣言解除にがストを訪問

株主優待カードがあまっていたので、久しぶりにガストへ訪問。

入店時に手の消毒を求められたことと、精算時に手渡しはかたくなに拒否していた姿が印象的だった。

座席配置はスペースを空けており、入店者数もコロナ前と比較して、体感的に7割程度に思えた。

連れ立っての入店はあまりなく、おひとり様が多いように思えた。

今後はカフェとしての利用がメインとなるのかな。

【映画】Ted2

アマゾンプライムでTed2が無料で視聴できたので観た。

ストーリーがわかりやすく、頻繁に下ネタを投下して、想像以上に楽しめた。

特に日本人として気になったのは、以下の2点。

1.JKのアダルトビデオ

2.スーパーサイヤ人

世界的なコメディ映画のネタとして、上記が出てくるということは、視聴者が上記の内容を知っていることが前提となるので、日本のコンテンツはスゴイということになる。

アメリカのネタとして、スターウォーズランボーアリゾナ州立大学、アメフトなどがでてきたが同じレベルで認知されているということ。

グエンステファニーが super kawaii と歌ったときも驚いたが、コメディー映画のネタになるとは、かなり驚いた。

【2019年度決算】6678テクノメディカ

前年度と比較して売上高増加、営業利益減益、1株当たり当期純利益減、だったが、配当は\2増額。
前年度から配当性向がアップしているのが理由。なぜアップしたのかは不明。
来年度はさらに配当性向をアップする予定。
営業利益が減った理由は人員増による人件費の増加などとなっており、単純に人を増やしただけでは利益がでない事業内容。
配当性向が50%を超えるようだと売却検討も考えなければいけないが、いったんは来年度の決算まで保有かな。

【2019年度】任天堂決算と感想

任天堂決算と感想


直近の配当予想では、昨年度と比較して減配となっていたが、あつまれ動物の森効果もあり、結果として増配となった。
すなおにうれしい。
USJについての記載はなかった。

以下は、【2020年3月期決算説明会カンファレンスコール質疑応答(要旨)】からの抜粋とその感想。

Q6
例えばNintendo Switch Onlineの有料会員数や、従来から行っている「ニンテンドーアカウント」の取り組みについて、定量的な説明をしてほしい

A6
Nintendo Switch Onlineの有料会員数について、今回は具体的な数を開示する予定はありませんが、ハードの普及拡大に伴って、既に(2020年1月の経営方針説明会で)公表しました1500万アカウントを超えて順調に増加しています。
マリオカートツアー』の配信等に伴って「ニンテンドーアカウント」をお持ちのお客様の数が1億を超え、その後も大きく増えている状況です。

感想
一番知りたかった有料会員数について非公開ということで、とても残念。
今後の投資判断には有料会員数の増加が必須だと考えていただけに、ホールド判断が必要だなあ。

Q7
中国でのNintendo Switchビジネスの展開について、前期の販売実績と当期の販売計画を教えてほしい。

A7
中国市場向けの売上高は、決算短信に記載されている「連結販売実績」の「その他」地域に含まれています。「その他」地域には中国以外のアジア地域や豪州の売上高も含まれています。

感想
昨年度株価が一時的に爆上げとなった要因の中国本土への販売は、決算数字にほぼ影響なし。
中国での販売増を期待していただけに残念。

Q9
当期のモバイルアプリのラインアップと収益に対する考え方を聞かせてほしい。

A9
今後のモバイルビジネスの位置付けについてですが、モバイルのマーケットに向けて新しいアプリを何本も継続して出していくというよりは、任天堂のビジネス全体の最大化に向けて、任天堂IP(ゲームのキャラクターや世界観等)の積極活用を推進するための手段として、モバイルビジネスを続けていきたいと思っています。

感想
モバイルアプリは広告費の位置づけみたい。
ただ、ポケモンゴーには触れていないので、ここもイマイチ不明。

DeepL最強

https://www.deepl.com/ja/translator

次世代の翻訳サイトといわれているDeepL。
Microsoft社の技術文書は英語版が情報量が多く質も良いのだが、やっぱり英語ということで理解することに時間がかかることがあった。
Microsoft社の日本語サイトは英語版からの自動翻訳となるが、日本語として理解しずらい表現が多く理解することが難しかった。

上記のような問題点がDeepLを使うと解決した。
すなおにすごいと思う。
株式公開されるならぜひ投資してみたい。